【MacBookPro】タッチバーモデルが早速分解!スピーカー穴は飾りでタッチバーの交換は困難であることが判明!

公開日:

MacBook Pro 13″ Touch Bar Teardown – iFixit Blog
https://www.ifixit.com/Teardown/MacBook+Pro+13-Inch+Touch+Bar+Teardown/73480

Apple 13-inch MacBook Pro with Touch Bar teardown reveals speaker grilles are only cosmetic, Touch Bar is hard to replace – 9to5Mac
https://9to5mac.com/2016/11/16/apple-13-inch-macbook-pro-with-touch-bar-teardown-reveals-speaker-grilles-are-only-cosmetic-touch-bar-is-hard-to-replace/

 

先月末に開催されたAppleのKeyNote「hello again」で発表された新型のMacBookPro(Late2016)ですが、いち早く購入したユーザーに今週初めから今日に掛けて順次製品が発送されているようです。

そして例のごとく、早速バラバラに分解したiFixit(英語)が今回もレポートを公開してくださっています。ありがたいですね。

tumb

MacBook Pro 13″ Touch Bar Teardown – iFixit Blog
https://www.ifixit.com/Teardown/MacBook+Pro+13-Inch+Touch+Bar+Teardown/73480

 

スピーカーグリル(穴)は飾りで実際のスピーカーは下部にある

同ブログの写真を見ると、本体を分解するとキートップ横のスピーカー穴らしきものの下には実際にスピーカーが無く、実質飾りとなっていることがわかります。

こちらが分解前の写真。スピーカー穴がキーの両端にあります。

1

分解後の写真をみるとスピーカー(オレンジ)実際の穴(赤)とは全く関係ない位置にあります。

okqxoo2rzdj2whvf

しかし、完全に意味がない訳ではなく、少なからず通音性はあるとのこと。

TouchBarは交換が非常に困難。しかし耐久性はあり

TouchBarはバッテリーやSSD同様に本体に接着剤で固定されているため、iOpenerなどで温めてから取り外す必要があります。

さらに、TouchBarの右側に細いケーブルが付いているため、切断しないように取り外すのはより困難とのことです。

3

iFixitも分解の際にTouchBar部分を破損してしまったとの説明が書かれていました。

しかし、TouchID部分がサファイアガラスになっているため 実際に使う場面では破損することは無さそうです。

修理難易度

10段階中1(最も難しい)と書かれています。SSDやRAM、TouchBarなどの換装ははんだ付けされている箇所もあるのでまず不可能とのこと。

2

しかしながら、唯一簡単とされているのがトラックパッドの交換。バッテリーを外すことなく簡単に取り外せるとのことでした。

ちなみに私は購入が遅れてしまったので、到着は1~2週間後になります…その際はガジェットライフに記事を掲載する予定ですので是非ご覧くださいね!