【LINE】ブロックした人からはグループに招待されなくなった【マクロ対策】

公開日:

3日ほど前になりますが、LINEでブロックした相手(正確には友達以外の人)からグループへの招待が来ても通知が来なくなりました。これにより、連続招待の嫌がらせ(いわゆるマクロ)もできなくなったわけです。

先日も全蹴り対策がされて、私も悪質ユーザー・荒らしが徐々に減ってきているのを実感しています。

(詳しくは【ついに来た】LINE 全蹴り対策で荒らし涙目【LINE規制】)

なんで今さら、、、

おそらく東証とNYに上場するからだと思います。LINEの嫌がらせはこういった悪質なユーザーが諸悪の根源であり、上場するにあたりそれらのユーザーが邪魔になったのでしょう。そう解釈すればこれまでの規則通りです。

おまけ:今までの対策とその原因

未成年がID検索機能を利用できなくなった(2012年12月30日)

→プラットホーム化、タイムラインが追加されることによる犯罪防止

連続してグループを作成するとエラーが発生する(2014年8月16日前後)

→乗っ取り、プリペイドカード詐欺対策

グループからメンバーを一括で退会させられなくなった(2014年10月10日)

→PINコードの追加、グループ機能の強化

非公式APIを利用したサービスの利用が規制された(2015年8月25日)

→13歳の少女が悪質なBOTアカウント(円卓の騎士団全蹴りbot)を利用したことにより逮捕

非公式の着せ替えを適用できなくなった(2016年2月5日)

→二ヶ月後にクリエイターズ着せ替えの販売を開始

ダウングレード状態でログインできなくなった(2016年2月5日)

→2段階認証システムを導入(日本のみ)

グループ名を短時間で連続的に変えられなくなった(2016年2月10日前後)

→悪質ユーザー数十名に注意喚起のメールを送信

複数のメンバーを同時に退会させるリクエストをサーバーが受け付けなくなる(2016年6月3日)

→東証、NY上場(ハッシュタグ・メンションも関連しているかも)