iOS10のiPhoneに「3つの絵文字」を送信すると一瞬でクラッシュさせることが出来る

公開日:

一昔前に「ユニコードウィルス」とかいって当時のスマートフォンで表示できない文字をLINEなどで送りつけてクラッシュさせるいたずらみたいなものがありましたが、同じようなことが今日も起こっています。

手法を公開したのはこの界隈では有名なYouTubeチャンネル「EverythingApplePro」のフィリップ氏。動画によればフィリップ氏も知人から送られてきたようで、Appleが対策する様子がないので公開に至ったようです。この件に関してAppleはコメントを拒否しています。

問題の絵文字は「白旗」、「0」、「虹」の3つの文字列。(実際には結合文字が間に入ります)

これを読み込んだiOS端末はフリーズし、あらゆるボタン・タップ操作も不能になります。

フィリップ氏のiPhoneがすべてクラッシュする様子

しかしフリーズしても実際には3〜5分程度で再起動し、通常通りに使えるようになります。トークを削除するなどしてその文字列を二度と表示しなければ特段問題は無いというわけ。

問題の文字列の送信方法

こういうことを広めてしまうと返って悪影響なのかもしれませんが…絶対に悪用しないと約束できる方だけ読み進んでください。

 

 

 

 

 

 

 

バグの発見者が公開したページをMacで開き、テキストボックスを全選択&コピーします。

メモを開き、コピーした文字列をペースト。iCloud経由で同期します。

Sierraからならユニバーサルクリップボードでも出来る気がしたのですがそちらではうまく行きませんでした。

iCloud経由で同期したメモを開き、先程の文字列を選択します。

選択後、共有からターゲットにメッセージ経由で送信します。クリップボードから送信するとペーストの際にクラッシュしてしまうようです。

筆者も試してみましたが、確かにクラッシュしました。

仕組みとしては「白旗+結合文字+適当な文字+結合文字+虹」で、本来「虹の旗」になる文字列の間に無関係の文字が入り込んでしまったことでバグを引き起こしているとのこと。

是非早くパッチを公開してほしいものです。

 

This text can crash your iPhone – CNET
https://www.cnet.com/news/this-text-can-crash-your-iphone-apple/