スーパーマリオランのプレイには常時インターネット接続が必要になることが判明

公開日: 

この記事の投稿者

by新都心
金欠系学生ブロガー / 楽して生きていきたい/ 留学予定あり

Appleのイベント「See you on the 7th」で任天堂の宮本茂さんが自ら登壇し、CEOのティム・クック氏の前でプレゼンテーションを行い、翌日から株価が25%もあがった「スーパーマリオラン」ですが、

とうとうiOS版のリリースが1週間を切りました。

そんなスーパーマリオラン、実はオフライン環境ではプレイできないことがわかりました。

Super Mario Run requires a persistent internet connection to play, no offline mode due to piracy concerns
https://9to5mac.com/2016/12/09/super-mario-run-requires-a-persistent-internet-connection-to-play-no-offline-mode-due-to-piracy-concerns/

「著作権を保護するため」

MashableAsiaの宮本茂氏へのインタビューによれば、スーパーマリオランをテストプレイした際にインターネットへの接続を求められたのはなぜかと訪ねたところ、以下のような返答があったといいます。(英文)

This is why ‘Super Mario Run’ requires an internet connection

For us, we view our software as being a very important asset for us. And also for consumers who are purchasing the game, we want to make sure that we’re able to offer it to them in a way that the software is secure, and that they’re able to play it in a stable environment.

We wanted to be able to leverage that network connection with all three of the [Super Mario Run] modes to keep all of the modes functioning together and offering the game in a way that keeps the software secure. This is something that we want to continue to work on as we continue to develop the game.

But actually, the security element is one of the reasons that we decided to go with iPhone and iOS first. So this is just — based on the current development environment — a requirement that’s been built into the game to support security and the fact that the three different modes are connecting to the network and interacting with one another.

We had thought at one point that it would be nice to have the World Tour [story] mode available standalone, to be able to play without that connection. But then the challenge is when that’s operating in a standalone mode, it actually complicates the connection back to the Toad Rally and Kingdom modes. And because those two modes are relying on the network save, we had to integrate the World Tour mode as well.

スーパーマリオランには3つのモードがあり、そのうち2つはゲームデータの抽出やチートなどの著作権侵害を防ぐために任天堂のサーバー上にセーブデータを保管します。

そのため、サーバーへの接続とセキュリティの維持のためにもインターネットへの接続が必須だったとのこと。

スーパーマリオ ラン | 任天堂

3つめの「王国づくり」モードに関しては、ローカル(スマホ上)にデータを保管するため本来はインターネットへの接続は必要ありませんでしたが、この1つだけを別の開発環境で開発するのは困難だったため、インターネットへの接続を必須にしたとのことでした。

しかし、スマホゲームの最大の利点はどこでも場所にとらわれずにプレイできることですし、任天堂自身も「電車に乗りながらプレイできる」と強く推していました。

著作権侵害への懸念も分かりますが、それにインターネット接続が必須になってしまうとパケットの利用状況などを気にしつつプレイしなければならなくなってしまいます…

後のアップデートで改善される可能性もあり

宮本茂氏は著作権の他にも開発環境についても語っていたため、この開発環境の問題がクリアされれば「王国づくり」モードに関してはオフラインでプレイできる可能性がありそうです。

なお、スーパーマリオランの配信日は約1週間後ですが、AppleStoreに向かえば先行でプレイすることができます。

もし「気になる!」という方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • スポンサーリンク