「チョコレートを食べると鼻血が出る」はデマだった。由来はバレンタインから?

公開日:

Thumbnail by Moyan Brenn from Flickr

今年も忌まわしいこの季節がやってきました。はい。深くは語りません。でもこんな記事を書いているということはやはり心のどこかで気にしているのでしょうか…

そんなバレンタイン(Valentine’s day)ですが、日本におけるバレンタインといえば『好きな男性に女性が手作りのチョコレートを渡す』というもの。

筆者も小さい頃はチョコレートが大好きでした。ですが食べ過ぎてしまうと「食べ過ぎると鼻血が出る」と親に叱られ、渋々我慢させられてきました。

ですが、どうやら「チョコレートを食べ過ぎると鼻血が出る」というのは嘘であるらしいので、今日はそれについてご紹介します。

チョコレートを食べると鼻血が出ると言われる原因

Photo by Cookie M from Flickr

チョコレートを食べる→鼻血が出ると言われているのは筆者の調べた限りでは日本だけでした。やはりそう言われているのにもやはり日本独自の文化と環境に原因があったようです。

その理由として最も有力なのが花粉の飛来の季節とバレンタインが丁度重なっているからというもの。

(C)Copyright Kyowa Hakko Kirin Co., Ltd.

 

花粉症ナビに掲載されていたグラフによれば、北海道以外の日本の全地域で2月からスギ花粉の飛来が始まっています。

この花粉によって花粉症の患者は鼻の内部の粘膜を刺激され、毛細血管から出血してしまうとのこと。このことから多くの人が心当たりのある「チョコレート」が原因だと思ってしまうそうです。

 

ですが、だからと言って食べ過ぎは体によくありません!何事も節度を持って楽しんでくださいね♪

 

花粉カレンダー|花粉症ナビ
http://www.kyowa-kirin.co.jp/kahun/about/calendar.html